<var id="17h55"><strike id="17h55"><thead id="17h55"></thead></strike></var>
<var id="17h55"><strike id="17h55"></strike></var>
<var id="17h55"></var>
<var id="17h55"><strike id="17h55"></strike></var>
<cite id="17h55"></cite>
<cite id="17h55"><video id="17h55"></video></cite> <menuitem id="17h55"><strike id="17h55"></strike></menuitem>
<var id="17h55"></var>
<cite id="17h55"><video id="17h55"></video></cite>

イオンの人権基本方針

私たちイオンは、イオンピープル(役員と従業員)全員が人権への理解を深め、本方針に基づき、人権が尊重される社会の実現を目指します。
本方針は、すべてのイオンピープルに適用し、すべてのパートナーと共有します。

  1. 人権に関する基本的な考え方
    • イオンは、イオンの基本理念およびイオン行動規範、2004年に参加表明した「国連グローバル?コンパクト」の原則にそって、私たちの事業活動から影響を受けるすべての人々に対し、人権や労働に関する国内法に加えて、「国際人権章典」や国際労働機関(ILO)の「労働における基本原則および権利に関するILO宣言」に記された人権規範を遵守するとともに、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を支持し、実践します。
  2. 事業活動を通じた人権の尊重
    • イオンは、個人の多様な価値観?個性?プライバシーを尊重し、人種?国籍?民族?性別?年齢?出身地?宗教?学歴?心身の障がい?性的指向と性自認など理由とした差別を一切行いません。また、常に相手方の立場に立ち、自分と等しく尊重します。
    •  
    1. イオンは、すべてのお客さまに対して公平公正に接するとともに、安全で安心な商品やサービス、およびそれらの情報について提供します。
    2. イオンは、地域社会の人々の人権を尊重するため、コミュニケーションを積極的に行います。
    3. イオンは、取引先とともに公正な取引を通じて、事業活動における企業倫理および労働環境に関する法令や国際基準を遵守し、継続的な改善に取り組みます。
    4. イオンは、ともに働く仲間の声に耳を傾け、イオンピープル一人ひとりの人権が尊重され、ハラスメントの無い安全で働きやすい職場環境を構築します。同時に全てのイオンピープルが人権に対する正しい知識と理解を深めるために教育と研修を実施します。
  3. 人権デュー?ディリジェンスの実施
    • イオンは、事業活動による人権への影響に関して、人権デュー?ディリジェンスを通じて、人権が尊重される社会の実現を目指します。
  • 2018年10月改訂